ようこそ、鯵ヶ沢町商工会へ。商工会は事業を営むパートナーです。商工会では皆様の悩みや相談にお答えしております。

鰺ヶ沢町の文化・歴史




大永3年(1523)5月、光信公は武運長久、一門繁栄を祈願して八幡宮を創建し、社領15石を寄進した。
この後、永禄12年(1569)に政信公が、慶長2年(1597)に為信公が(光信公の霊を合祀)、延宝6年(1678)に氏子中、天保3年(1832)にも氏子中が再建している。
領内有名神社への藩主代参取止めの時でも、本社だけは代参が執行された。宮司は、代々奈良家が勤め、初代は、主水貞親で、現代は二十代目である。

○滋藤の弓及び鏑矢2本

○懸佛(光信公の館展示)、身正体ともいい。鏡面に神像が半肉彫されている。奈良家由緒書や伝承によると、初代主水貞親が、大和の国から首に懸けて来たものだと言われている。
○杉 4本
初代藩主為信公が八幡宮を再建した頃に植樹したもの。


津軽藩始祖光信公居城。南部下久慈(岩手県久慈市)から36人の部将を率いて、種里(もとは立里)に入部したのが約500年前の延徳3年(1491)だった。南部氏との合戦で蝦夷ヶ島へ敗退した安東氏が津軽奪回の為に幾度も兵を送ってきたので、それに備えるために派遣されたのだと言われている。



○棟札(光信公の館展示)
・神社創建の棟札=光信
・種里の殿様経家
・藩祖為信の再建

光信公は、津軽平野への進出を図り、大浦(岩木町)へ進出、一城を築いて嫡男盛信公を城主としておき、津軽全域平定の策を練ったが、事成らざるうちに種里で大永6年(1526)10月8日に没する。
「武将の威儀を欠く事なく、甲冑に身を固め、刀を帯び、腰に大螺を下げ、立姿のまま、巽の方角に向けて埋葬せよ」の遺言どおりの姿で種里城の一郭に葬った。
不思議なことに、今日にいたるまで、御廟所には一本の雑草も生えない。
嫡男、盛信公は城郭の南方に長勝寺を建立し菩提寺とした。

光信公御廟所

奈良主水の墓

○獅子頭(光信公の館展示)、為信公寄進と言われている。



当寺の鬼子母神像は、江戸時代末期の造立で、全国的にも珍しい八尺ゆたかな大像である。
見学の場合は要予約
TEL 72-3023


境内には、樹齢約400年というイチョウの大木がある。度重なる大火から寺を守ったと言われている。
〈町指定文化財〉化石塚、イチョウ、生駒雎員墓
〈県指定文化財〉阿弥陀如来像(絵画)親鸞上人連座御影(絵画)
見学の場合は要予約
TEL 72-3032


津軽地方では最も美しい千手観世音立像や、県内では唯一の鐘楼門などがある。
〈町指定文化財〉黒松、けやき、板碑
見学の場合は要予約
TEL 72-3098

鰺ヶ沢町は、その昔、湊町として栄えた名残りか、お寺が多い。


庭園は武学流庭園と言われ、背後の杉山が借景となって、奥行きのある眺めになっている。
〈町指定文化財〉芭蕉塚、塩越屋羽扇墓
見学の場合は要予約
TEL 72-3212


藩政時代津軽四方丈といわれた格式ある寺である。
〈町指定文化財〉岸文靖墓道表
見学の場合は要予約
TEL 72-3168


門をくぐると、樹齢350年以上の黒松が美しい姿で迎えてくれる。
〈町指定文化財〉禽翁齋宗全墓、黒松
見学の場合は要予約
TEL 72-2056


寺宝に円空佛があり、毎年1月8日に御開帳している。
〈町指定文化財〉明和地震供養塔
〈県指定文化財〉円空佛
見学の場合は要予約
TEL 72-2125


当寺の五百羅漢像一体は、百沢寺(現岩木山神社)に安置されていたものを、神佛分離の時、背負って来たと言われている。
見学の場合は要予約
TEL 79-2129

八番札所

本尊の聖観音は秘彿となっている。境内にある幹回り8m、樹齢約1000年位のイチョウの大木が神社の古さを漂わせている。

津軽三十三観音

鰺ヶ沢霊場
観世音菩薩は衆生を救うため、三十三の姿に身を変えた。これが三十三観音である。
津軽では、江戸時代初期から三十三観音霊場ができ、盛んに霊場巡りがおこなわれた。

六番札所

御神体は、大きな 塊(鉄の塊)である。付近には製鉄跡が多く杢沢製鉄炉跡が出土するなど、有名になった場所である。

七番札所

寛延年間札所組み替え時に、弘前報恩寺に代わって霊場となる。本尊は、聖観音木像である。

日本海を弁財船が往復した時代、鰺ヶ沢湊は諸国の船の出入りで賑った。
これらの船は航海の無事を祈って社寺へ船絵馬を奉納した。
当社には弘化(1844~47)から明治にかけての船絵馬が多く、その大部分は、北陸の船である。
弁財船が、船のバランスを保つため積み込んできた御影石を玉垣にした。この中には船問屋や大地主らの名が刻まれ奉納されている。

絵 馬

御影石の玉垣
8月15日を中心に4年に一度開催される大祭は、その昔、弁財船によって運ばれてきたという、京都風の優雅な行列である。
各町内の山車が祇園囃子を演奏してつき従い、いっそう華々しくにぎやかである。

大 祭

阿倍比羅夫や坂上田村麻呂に関する伝説は各地に多いが当社には、来航した時、腰掛として使ったという比羅夫石や、常燈(燈台)を設置した記念として建てられた、常燈碑などがあり、見ていて時間を忘れてしまいそうな所である。
見学の場合は要予約

比羅夫石

常燈碑



八衢神は猿田彦神のことで、津軽地方では、珍しい碑名である。
神話の天孫が高天原から日向の高千穂へ降臨した時に天の八衢に立ち、道案内しようと待っていたことから、道祖神としても信仰されている。

八衢碑


板石塔婆とも呼ばれる石造の卒塔婆のことである。目的は、祖父母両親の追善供養や自らの死後の冥福を修するためである。

松源寺板碑 鰺ヶ沢には、12基の板碑があり、年代のわかっているのは2基。日照田地蔵堂隣にある板碑が応安8年(1378)、もう1基も日照田一本松下にある板碑で永徳2年(1382)、共に南北朝期の造立である。

弁財船時代、出湊のため、天気の予測をするに登った山のこと。鰺ヶ沢の日和山は、阿倍比羅夫がここで日和を見て渡島渡りをしたという伝説をもつ。岩木山遥拝所でもあったので、岩木山の形をした石が奉納されている。

岩木山の形をした石


無量庵の板碑


日照田地蔵隣板碑

他の板碑については次のとおり
種里・種里城址内 2基
舞戸・館地蔵堂横 2基
種里・臥竜院墓地 1基
日照田・一本松下 1基


文化文政時代西浜俳諧宗匠として活躍した小野金兵衛化石の句碑。
「磯山や
四月の袖に
桜散」
化石塚

芭蕉の名句を刻んだ碑が高沢寺庭園に建立されている 。
「名月や
池をめぐりて
よもすがら」
芭蕉塚


備前屋保村晩杏らによって、当町岩谷の台地上に建立されたこの句碑は、裏面に「日蔭塚」とあるので、この名で呼ばれている。
「蝶の飛ぶ
ばかり野中の
日蔭かな」
日蔭塚

台地上にある日蔭塚と保村晩杏句碑

左右に行き先を明示して旅人の便宜を図ったもので、西浜には深浦にあるものとともに貴重である。

舞戸、鰺ヶ沢の俳人達が保村晩杏を偲んで、日蔭塚と並べて建立した。
「草はっか
かくさぬ
野中かな」
保村晩杏句碑

当町赤石沢目を知る上で貴重な史料である。旧藩時代の有名なマタギの名が刻まれている。
マタギ碑


日照田町東方200m標高100mの丘陵地。南に種里城西に赤石川が流れ、東は山地と要害の地に築造されていた。
大浦政信の次男武田紀伊守守信の居城と言われ、津軽藩祖為信、二代藩主信枚が生まれた所と伝えられている。

赤石城跡

赤石町松源寺一帯の丘陵地。南北約150m、東西約300mにも及ぶ大規模な範囲がそれで対馬弥右衛門の居城と伝えられている。

大宮町別所対馬家付近一帯が館跡。光信からこの地域の開拓を一任された対馬筑後の居城と伝えられている。

南浮田町南西200mの丘陵を利用して築城。八戸南部八代政光の家臣教来石孫三郎が城に立てこもり反抗した所と伝えられている。

館前集落の南側。山陵の尾根を断ち切って構築されている。
光信と合戦したと、種里八幡宮奈良家文書にあるが、城主などの詳細は不明である。

館前館跡
他に、舞戸館・中村館・七ッ石館・鉢巻館・天童山館・鳴沢館・長平館・鰺ヶ沢館・大館森山館等と城跡は多い。



二代藩主信枚の頃、町内に七つの井戸を掘らせた。その一つがこの井戸で、町で復元し、町内外の人が利用している。

井戸跡

昭和7年、築港工事のため山の半分は削られ、昔の面影が失われているが、その昔、菅江真澄がこの山から沖の漁火を見たと「にしきのはま」に記していることから、名勝地だったことがわかる。現在は公園として整備している。

高沢寺開祖の道叟道愛禅師の示寂の道場跡と伝えられている。
薬師様
98・99年と発掘調査が行われた餅ノ沢遺跡は、建石町の石神神社一帯で、三内丸山遺跡に匹敵するぐらいの遺物が出土している。石棺墓を見学できる施設が造られている。

石棺墓


現鰺ヶ沢保育所が町奉行所跡である。藩主西浜巡行の時、宿所にも充てられたことから「お仮屋」ともいわれている。

本町奉行跡

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鰺ヶ沢町の文化・歴史

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ajigasawa.biz/mt-tb.cgi/65

コメントする

bn_link_aomori.gif

 

bn_r01.gif

 

kankoukyo.gif

 

uminoekirogo.jpg

 

info_about.jpg

 

 

鯵ヶ沢町商工会

〒038-2754

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町米町25-1

 

 

TEL:0173-72-2376  FAX:0173-72-6653

mailto:ajis2376@rose.ocn.ne.jp

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31